ネットバンクの定期預金金利優遇キャンペーン

無店舗型のネットバンクは、一般的に、預金の利息が高めで高利回りなのが大きなメリットです。 それだけでも、一般の銀行よりかなりお得と言えるのですが、更にうれしいのが、時々行われる「金利優遇キャンペーン」です。

これはボーナスシーズンなどをメインに、一定条件にあてはまる顧客の定期預金について、本来の金利に更に上乗せをして、高い利率を適用してくれるというもの。

地方の信用金庫などでも同じようなキャンペーンは行っていますが、段違いに、上乗せされる金利が高いという特徴があります。

また、こうしたキャンペーン商品は、定期と言っても1~3か月の短期の商品が多く、1年物はあまり見かけません。短期間で引き出したいお金を預けておくなら、普通預金よりは定期の方がかなりお得、ということにつながりますね。

更に、こうしたキャンペーンは、新規顧客の獲得や、顧客の預け入れ試算額を増やしたいという目的で行われるものですから、しばしば、セットでキャッシュバックが受けられたり、お得なプレゼントキャンペーンなども行われていて、運がいいと、両方ともの恩恵にあずかれるというわけです。

新規で定期預金口座を開設すると、それだけで現金を500円くらいプレゼントしてくれるとか、こまめに見て回ると、色々とお得なプレゼントキャンペーンを行っているので、広く情報を集めて賢く利用すると良いでしょう。

ネットバンクの定期預金のメリット

超・低金利時代の平成不況のなか、ネットバンクはユーザーを増やす一方で、無店舗型のオンラインバンキングも定着した印象があります。スマホの普及とともに、今後はますます人気が高まる分野ではないでしょうか。

特に、注目すべきは、ネットバンクの利息です。
店舗を持たない分、店舗にかけるコストや、人件費を利用者に還元できるという利点から、大部分のネットバンクでは一般の銀行よりも高利回りな商品がたくさんあるのです。

普通預金では、あまりぱっとしませんが、定期預金で比較すると、その差は歴然。ゼロ金利時代に突入して、全く回復の様子が見られない日本の金融業界の中で、少しでも高い利回りで運用できるということはある意味貴重です。

また、ネットバンキングの利点として、店舗で待たされることもなく、家に居ながら、あるいは、出先の隙間時間を利用して取引が行えるという点もあると思います。

地方の銀行などですと、窓口の処理にかかる時間が長くて、預け入れだけでも待たされてしまうことが少なくありません。
ATMもいつも混雑していて、そこでも待たされるということが日常的に起こります。地方都市の場合は、地元密着の銀行でも支店数が少ないですから、出向いて言って取引をすることになります。

これに対して、ネットバンクなら、交通時間や待ち時間なしで取引ができます。思い立ったら、即、定期預金、というのは、スピード時代の現代にとてもマッチしていて、大変便利ですね。

初心者、中級者向け。主要なFX会社の口座開設や手数料・サービスを比較紹介。